オリックス銀行の手数料と限界額の関係

オリックス銀行の手数料と限界額の関係

オリックス銀行の手数料と限界額の関係

オリックス銀行から借りるとなると、手数料が必要です。ちなみにこの会社の手数料は、パーセンテージで表記されています。

 

年間4.8%や12%などと、%付けで表記されている訳ですね。

 

そしてその数字が高ければ、もちろん手数料は高めになります。年間4%の手数料に比べれば、12%の方が高めになる訳ですね。

 

ところでこの銀行で申込をする時には、まず限界額というものを設定する事になります。いわゆる限度額と表現される事も多いですね。

 

例えば限界額が200万円と設定されたのであれば、100万や200万で借りる事ができます。しかし201万円などで借りる事ができないのですね。限界が200と決められているからです。

 

そしてこの銀行では、限界額が高くなるにつれて手数料が低くなる傾向があります。例えば限界額が100万円になっている時には、この銀行では最大14.8%の手数料が発生します。

 

ところが200万円に設定されている時には、12.8%などの具合ですね。つまり限界額と手数料は、相互に反比例の関係がある訳です。

 

そしてオリックス銀行で申込をしている方は、たいていその点をご存知です。ですので手数料を引き下げるために、限界額を上げようとしている方もしばしば見られますね。

増額の確認手続きで利用実績が見られるオリックス銀行

オリックス銀行で借りた時には、まず限界額という数字を設定する事になります。

 

そしてこの銀行から借りる金額は、その限界以内に収まる事になります。つまり限界以上の金額で借りる事ができません。

 

例えば300万と設定された時には、100万台や200万台などで借りる事ができるのですが、301万以上は不可能といった具合ですね。

 

ところでその限界金額は、チェンジをする事もできます。例えばこの銀行から始めて借りる段階で、200万円と設定したとしましょう。ところが何かの事情があって、300万以上などに引き上げたいと思う方もいらっしゃるのですね。何か大きな資金が必要で、そのようなニーズも発生する訳です。

 

その引き上げ手続き自体は可能です。オリックス銀行に対してその旨を伝えれば、引き上げ手続きを行う事はできます。

 

ただ注意すべきなのが、オリックス銀行による確認手続きが必要なのです。この銀行が引き上げ申請者の様々な情報を確認して、問題がなければ300万などに引き上げられる訳です。逆に問題があれば、お断りになる訳ですね。

 

基本的にはこの銀行での実績が見られる事が多いです。あまり利用頻度が多くない方の場合は、ちょっとお断りになる事が多いです。ですので将来的に引き上げたいと考えているのであれば、ちょっと実績を積む方が良いでしょう。