学生だけどお金借りれる?どうしても今すぐ借りたいけど在籍確認が心配

学生だけどお金借りれる?どうしても今すぐ借りたいけど在籍確認が心配

 

学生だけどお金借りれる?どうしても今すぐ借りたいけど在籍確認が心配

学生ローンの在籍確認はどうするの?

 

自宅に電話来る?

 

という不安は非常にあると思います。

 

キャッシングの申し込みを銀行や消費者金融にすると、必ず行なわれるのが在籍確認です。

 

申込者本人が記入した勤務先に本当に勤めているのか確認するために、銀行や消費者金融のスタッフが電話をかけて確認しています。

 

確認の電話を勤務先にかけた場合は、銀行や消費者金融の名前を出すことはありません。

 

勤務先で上司や同僚が電話に出ても、キャッシングの申し込みをしたとバレることはないでしょう。

 

しかし、在籍確認は名前を聞いて電話を切るので、キャッシングだと分かる人には分かります。

 

そのため、銀行や消費者金融の名前は出されなくても、キャッシングに申し込みをしたと感づかれる可能性があります。

 

ですから、お金を借りるために銀行や消費者金融に申し込みをした人にとっては、嫌な手続きの一つです。

 

学生ローンに申し込みをした学生も、在籍確認について気になるところでしょう。

 

特に自宅に電話がかかってきた場合、両親に申し込みを気づかれてしまう可能性があります。

 

同居している両親や家族に内緒で利用したい学生にとっては、厄介な存在です。

 

しかし、学生ローンの場合は、在籍確認は基本的にはありません。

 

申し込みをした後、両親がいる自宅に電話がかかってくることはありませんし、アルバイトをしている場合もバイト先に電話がかかってくることはありません。

 

社会人が申し込みをしたときのように、必要以上に怯える必要はないのです。

 

学生ローンで在籍確認が行なわれない理由の一つは、限度額が少ないことが挙げられます。

 

一般的に限度額は50万円までに設定されていますし、そこまで多くの金額を借りる学生も少ないです。

 

利用する学生の多くは少額なので、利便性を損ねてまで確認する必要がないと考えられています。

 

また、学生の場合はバイト先に電話をかけて確認しても、あまり意味がありません。

 

なぜなら、企業に正社員として勤める社会人とは違い、バイト先は短期間で気軽に変えることができます。

 

 

申し込み時にバイト先に連絡して確認しても、その後すぐに辞めてしまわれては、確認しておいた意味がなくなるでしょう。

 

ですから、学生ローンの場合は一般のキャッシングとは違い、申し込みをした後に自宅やバイト先に電話はかけません。

 

しかし、多額の借入を申し込むと、学生ローンでも自宅に電話がかかってくる可能性はあります。

 

あまり頼りすぎずに、計画的に少額だけ借入をしているようにしておけば、電話連絡の不安を感じることはないでしょう。